LEGOデュプロ・ブロック

【アンパンマン】ブロックラボ はじめてのブロックバケツで遊んでみた

アンパンマンのブロックラボとはバンダイが日立製作所と共同で開発したブロックのおもちゃです。年齢別に商品が分かれており、1歳半からはファーストブロックシリーズ3歳からはワールドブロックシリーズとなっています。

息子が1歳のお誕生日にファーストブロックシリーズのはじめてのブロックバケツを貰ったのですが、最近になってしっかり遊べるようになってきたので詳しく紹介します!

はじめてのブロックバケツのセット内容

全31ピースでアンパンマンとばいきんまんが入っています。犬と猫もいます。ブロックの大きさは1歳半の子供がちょうど手に握れるサイズです。

はじめてのブロックバケツのメリット

メリット①アンパンマンだから飽きない

ブロックで遊ぶとき必ずと言っていいほどバケツの中からアンパンマンを探します。アンパンマンだから興味を持ってくれるし、飽きずに遊んでくれます。無地のブロックよりもアンパンマンやバイキンマン、犬や猫など絵柄が付いているブロックを積極的に選んで遊んでいます。

メリット②誤飲の心配がない

ブロックラボはひとつのブロックが大きいので口に入れてしまう心配がありません。1歳半になると興味のあるものは自分で出してくる時期になるので、気が付くと床にブロックが散らばっていることがよくあります。自由に遊んでもらうためにも安心なサイズ感です。

メリット③長く遊べる

1歳半から今回購入したファーストブロックシリーズで遊び、3歳になったらワールドブロックシリーズを買い足し、遊べるようになってきたらくるくるブロックシリーズを買い足してなが~く遊べちゃいます!すべてブロックのサイズは同じなので混ぜても大丈夫です。無駄になるものが何もないので大事にすることを覚えてくれますよ。

はじめてのブロックバケツのデメリット

デメリット①買い足すとバケツに入りきらなくなる

我が家は最初にはじめてのブロックバケツを購入しました。その後ファーストブロックシリーズの「アンパンマンとおともだちブロックセット」や「アンパンマンとなかまたちブロックセット」などを買い足すと最初のバケツでは入りきらなくなってきます。そんな時は大きめの収納ボックスを用意する必要があります。

デメリット②アンパンマンが増えていく

ファーストブロックシリーズを色々と買い足していくと気が付くのですが、どのセットにもアンパンマンが含まれているので家がアンパンマンだらけになります。子供は喜んでいるので良いのですが(笑)キャラクターブロックを揃えたいと考えている人は最初に「はじめてのブロックワゴン」を購入するのがおすすめです。このはじめてのブロックワゴンには11人のキャラクターブロックが含まれています。

デメリット③はじめのうちは繋げるのが難しい

どんなおもちゃもそうですがやっぱりはじめは難しいです。向きや方向をしっかり合わせてグッとはめなければいけないので苦戦しています。やり方の見本をみせても理解するのに時間がかかります。そんなときは大人がブロックを何個か繋げてあげて子供に外してみてっていうのが良いです。我が家の息子はこの方法でブロック遊びができるようになりました!両手で握って一生懸命引っ張る姿がとても可愛いです。

アンパンマンはじめてのブロックバケツで遊んでみた

アンパンマンに夢中!

木のうしろからアンパンマンをチラッと見せて名前を呼ぶと、にこっとしてアンパンマンを迎えに来ます(笑)この木は解体しやすい形なので最初のころから大好きなブロックです。

家の中からジャムおじさん

家の形をしたブロックにジャムおじさんとチーズがいました!アンパンマンのブロックを家のブロックのうしろに隠して「アンパンマンおうちに帰ったよ」などと声をかけています。

動物のブロックもあります

犬と猫のブロックです。息子は犬がお気に入りでわんわん!といいながら床を滑らせて歩いてる真似をしています。なぜか猫にはあまり興味を示しません、、、。

ブロックをつなぎ合わせてみよう!

全部使うとこんなにあります。ちょっとした街はつくれますね。大人が写真のような街を作り上げるとニヤニヤっとしながら近づいてどんどんブロックを解体していきます(笑)全部崩すと満足げにアンパンマンのブロックで遊んでいます。

アンパンマンはじめてのブロックバケツの口コミと評判

(30代・主婦。子供1歳7か月)
遊んだ後のお片付けまで楽しそうにやっている。バケツだから適当に入れても全部入るし片付けやすそう。

(30代・会社員・子供3歳、1歳9か月)
ファーストブロックシリーズを下の子が使い始めたので、上の子のためにワールドブロックシリーズを買い足した。長く使えるし、遊び方を下の子に教えてくれて仲よく遊べてる。

(20代・主婦・子供2歳)
ついつい買い足したくなるのでお金がかかる。でも大人も一緒に遊ぶと結構楽しいのでどんどん買ってしまう。

アンパンマンはじめてのブロックバケツのQ&A

対象年齢は?

1歳6か月からです。
ワールドブロックシリーズとくるくるブロックシリーズは3歳からです。

汚れてしまったら?

ツルツルしているので汚れは付きにくいですが、もし汚れてしまったら濡れたタオルで拭けば大丈夫です。ブロックの裏のくぼみにゴミなどが入るとうまく繋げなくなることがあるので汚れた場合はすぐにきれいにするよう注意してください。

割れることはある?

結構頑丈にできているのでバケツをひっくり返して床にバラまいても、ブロックを落としても割れたりすることは今のところありません。ただ乱暴に扱うともしかしたら欠けてしまうこともあるかもしれないので注意してください。

アンパンマンのブロックラボは他にもたくさん!

ファーストブロックシリーズには基本セットが3つあります。
・はじめてのブロックバケツ
・はじめてのブロックバケツL
・はじめてのブロックワゴン

さらにキャラクターのブロックがたくさんほしいという方には、
・アンパンマンとおともだちブロックセット
・アンパンマンとなかまたちブロックセット
・アンパンマンとあつまれ!どうぶつえんブロックセット
などがおすすめです!

アンパンマンミュージアム限定商品を買いました!

横浜アンパンマンこどもミュージアムでアンパンマンブロックラボの限定商品を購入できます!今回はドキンちゃんとコキンちゃんを購入しました。キャラクターブロック1つとアンパンマンミュージアムにあるショップのブロック1つがセットになっています。我が家のブロックバケツに仲間入りです。他にはアンパンマンとバイキンマンが売っていました。

はじめてのブロックバケツはこんな人におすすめ

アンパンマンのはじめてのブロックバケツを紹介してきましたが、
・長く遊べる
・小さな手でも組み立てやすい
・アンパンマンだから飽きない
といった特徴がありました。おそらく子供にとってはアンパンマンのおもちゃというだけで3割増しです(笑)
まだアンパンマンのブロックを持ていない子、親戚の子供にプレゼントするものを探している人などははじめてのブロックバケツがちょうどいいサイズです!
一方すでにアンパンマンのブロックを持っている人ははじめてのブロックバケツでは物足りなく感じると思います。その場合はキャラクターブロックなどを買うのが良いですね!

アンパンマンはじめてのブロックバケツで子供の創る力をたのしく育てましょう!

Instagramはじめました♡

積み木、クーゲルバーン、木製レールなど木のおもちゃや知育玩具に関する投稿をしています。
良かったらフォローしてください(*´꒳`*)
コメントくれたらフォロバします!
木のおもちゃ好きな人〜!お友達になってください^^

Instagramアカウントはこちら