未分類

【フィッシャープライス】レインフォレスト・ジャンパルーの口コミと評判

フィッシャープライスは創業85年にもおよぶアメリカのおもちゃ会社です。日本ではトイザらスに行くとフィッシャープライスのおもちゃを購入することができますよね。機関車トーマスの木製レールを販売しているのもこのフィッシャープライス社です。

今回はフィッシャープライス社の子供が乗ってジャンプするおもちゃジャンパルーについて詳しく紹介していきます!

レインフォレスト・ジャンパルーとは?

中のシートに座ってピョンピョンとジャンプして遊びます。室内遊具なのでおうちの中で元気いっぱい遊べるおもちゃです。

レインフォレスト・ジャンパルーのメリット

メリット①体感トレーニングになる

ジャンパルーはただジャンプするだけでなく、バランスをとるために踏ん張ったりおもちゃを触ろうと背伸びしたり位置によっては片足で立ったりしながら遊びます。普段は寝んねの態勢が多い赤ちゃんも、ジャンパルーのバネの力を借りて思いっきり動くことができます!
0歳児はこれから歩き始めるために筋肉や体感がとっても重要になってきます。我が家の息子も5か月のときにジャンパルーで遊び始めて、ずりばい→ハイハイ→つかまり立ち→つたい歩き→歩くというステップを着実に進めてこられました。ジャンパルーで遊んでいたから足腰も強くなり、歩き始めのころから転ぶことが少なかったです。

メリット②仕掛けがたくさん

赤ちゃんが興味を持つ仕掛けがたくさん用意されています。
まず赤ちゃんが座る中央のシートは360度回転します。自分の足で踏ん張って腰と手を使いまわるイメージです。
中央のシートを囲うように仕掛けが用意されています。赤ちゃんが次々と興味をもって自ら手を伸ばせるようになっています。上からカエルと鳥のぬいぐるみが垂れ下がっているのですが、これをつかもうと一生懸命ジャンプするんですよ!もちろんジャンプするたびに楽しい音楽がなります!

メリット③シートは取り外して洗濯できる

遊んでいる途中におむつ漏れしても大丈夫!もし汚れてしまったらすぐにシートを外して洗いましょう。シートの素材はシャカシャカした素材なので汚れが染み込みにくいですよ。

レインフォレスト・ジャンパルーのデメリット

デメリット①使用する期間が短い

ジャンパルーの使用は首座り完了後~歩き始めるまでとなっています。平均月齢でいうと4か月~最大18か月(1歳6か月)くらいまでなので最大1年半しか遊べないということですね。成長の早い子は1歳で歩き始める子もいるので数か月しか使えないということもあり得ます。そうなると少し短い気もします。

デメリット②設置場所が必要

ジャンパルーは安定感が必要な遊具なので結構大きいです。リビングに置くとかなり存在感があり、カラフルなので家具とは馴染みません。でもジャンパルーは少しだけ小さくたたむことができるので我が家は遊ぶとき以外は収納していました!

デメリット③遊びながら寝ちゃう!?

夢中で遊んでいると途中でウトウトしてきます。それでも本人は遊びたい気持ちが強いので限界ギリギリまで遊んでそのまま寝ます(笑)そうなると「どうやって出そうかな、、、」となってしまいます。せっかく寝たから起こしたくないけど引っこ抜いたら絶対に起きるなぁと悩むんですが、腰がすわっていない赤ちゃんがお座りの姿勢で寝るのは身体に良くないので必ずジャンパルーから降ろしてあげてください。
ジャンパルーの揺れが心地良いのか、我が家の息子は高確率で寝ていました(笑)

レインフォレスト・ジャンパルーで遊んでみた!

シートの周りには仕掛けがいっぱい

正面には音楽がなるおもちゃが付いていて音に合わせて光ります。この機械はモードが2つあり、1つ目は連続でメロディーが流れるモード、2つ目はジャンプや仕掛けの動きに合わせてメロディーが流れるモードです。まだ活発に動けないときは連続モードにしておき、ジャンプが上手になってきたら仕掛けモードにしておくと赤ちゃんも楽しいと思います!

カシャカシャ素材のちょうちょです。引っ張ると少し伸びます。

とかげさんです。中には小さな粒が入っていて透明のケースを回すとカラカラと音が鳴ります。息子はこれがお気に入りでケタケタ笑っています。

とらと太陽です。後ろにある黄色いボタンを押すとトラがピョコっと出てきます。太陽は透明のケースを回すと中の顔がクルクル回ります。

実際に乗るとこんな感じ

これは息子が7か月の時です。だいぶジャンパルーにも慣れてきたころです。シートの高さは一番低くしています。ジャンプするときに下にマットなどひいてあげるとクッションになるので足が痛くないし、防音効果もありますよ!

こども目線から見るとこんな感じです。ぞうさんはひねると回ります。

レインフォレスト・ジャンパルーの口コミと評判

(20代・主婦)
一度乗ってみたらすぐに気に入ってくれて夢中で遊んでくれている。目の届く範囲で家事もできるようになってお互いに良かった!

(30代・主婦)
首座り完了から使用できると書いてあるが3か月半ごろだとまだ不安定な気がする。下はクッションやマットで高さを出して使っている。

(30代・会社員)
遊ぶ期間が短いから購入するか悩んだけど第二子のことも考えて買っちゃいました!使わなくなったら友人の赤ちゃんに譲る予定です!みんな考えることは同じなのでリサイクルショップなどでも意外と需要ありますよ。

レインフォレスト・ジャンパルーQ&A

対象年齢は?

体重制限:12kg以下
身長制限:81cm以下
公式サイトでは体重・身長制限のほか、首座り完了後からという表記があります。
また自分で降りれる子、歩ける子は使用できません。平均月齢でいうと大体4か月~18か月くらいですね。

汚れてしまったら?

シートは取り外して洗濯することができます。おもちゃの部分が汚れた場合はタオルなどで拭き取ってあげましょう。

メロディーを流すには電池が必要?

単3乾電池を3本使用します。電池は別売りなので注意が必要です。

レインフォレスト・ジャンパルーは他にもあります

今回紹介したのはレインフォレスト・ジャンパルーという商品ですが、レインフォレスト・ジャンパルーⅡという商品もあります。
レインフォレスト・ジャンパルーⅡの作りは基本的に同じです。動物や細かい仕掛けが違うようですね。より可愛らしい動物さんたちになっています。

レインフォレスト・ジャンパルーはこんな人におすすめ

今回はレインフォレスト・ジャンパルーについて詳しく紹介してきました!
・室内で活発に遊べる
・仕掛けがいっぱいで夢中になる
・シートを取り外して洗濯できる
といった特徴がありました。

ジャンパルーはお座りや歩けない子たちも視界が高くなりいつもと違う世界が見えるし、ジャンプするために足を踏ん張るので体感を鍛えたり筋肉が付くので発育にも良いとされています。

使用期間が短くても楽しく遊んでほしい、設置場所が確保できたという方はレインフォレスト・ジャンパルーがおすすです。

レインフォレスト・ジャンパルーに夢中になってピョンピョンしている姿はとても可愛いですよ!子供の足腰も強くなるのでぜひジャンパルーで遊ばせてあげてくださいね。

Instagramはじめました♡

積み木、クーゲルバーン、木製レールなど木のおもちゃや知育玩具に関する投稿をしています。
良かったらフォローしてください(*´꒳`*)
コメントくれたらフォロバします!
木のおもちゃ好きな人〜!お友達になってください^^

Instagramアカウントはこちら