積み木

【口コミと評判】ピープル社お米のつみきで遊んでみた

ピープル社は0〜3歳児を対象とした乳幼児向けおもちゃを販売しているおもちゃメーカーです。あの有名な「ぽぽちゃん」もピープル社の商品なんですよ!

息子が生後6か月のときに祖父母からお米のつみき(いろどり)をもらいました。
それからというもの毎日のように楽しく遊んでいるので、購入を考えている方のためにお米のつみきについて紹介したいと思います!

ピープル社お米のつみきのセット内容

まる、さんかく、しかく、輪、アレイなど全28ピース入っています。すべてのピースにお米のマークまたはロゴが入っていて可愛いです。
小さい正方形のサイズが一辺約3.5cmです。角が少し丸くなっているので優しい印象があります。

お米のつみきのメリット

メリット①材料・製造ともに純国産で安心

原料となっているお米はこだわりの国産米です。全体の51%がお米でできています。
日本に生まれた赤ちゃんが初めて口にするであろうお米を原料に使うことで、低月齢の赤ちゃんも安心してなめることができるんですね!
さらにお米のつみきは栃木県内にある工場で製造されていて、厳しい品質チェックを通過したつみきだけが商品として店頭に並びます。
ちなみに工場内はお米を炊いた時のいい匂いが充満しているそうです(笑)

メリット②産まれてすぐ使える

お米のつみきの対象年齢は生後0か月以上です。つまり産まれてすぐに触れることができます。
セット内容には小さい手でも握りやすい輪や音がなるアレイが入っているので視力の弱い赤ちゃんでも手の感覚や耳で楽しむことができます。

メリット③角が丸くて優しい

お米のつみきは角が丸いので小さなお子様も安心して遊べます。
つみきを崩した衝撃で万が一体に当たっても軽いのでケガをしにくいです。
いろどりはパステルカラーなので目にも優しいです。

お米のつみきのデメリット

デメリット①色ムラがある

お米のつみきには色ムラや白っぽくなっているところがあります。
それは原料のお米が関係しており、お米の素材によるものなので品質上全く問題ありません。
しかしきれいな色どりを期待している人はこの色ムラが気になり残念に思ってしまうかもしれませんので注意が必要です。

デメリット②ポリプロピレンなので軽い

木製のつみきってひとつひとつがずっしりしている印象ですよね。
お米のつみきの原料はお米とポリプロピレンを混合したものなのでかなり軽いです。なのでつみき同士を打ち合わせると高い音が鳴ります。
さらに表面がツルツルしているので積み上げるときに滑りやすいです。
木製のつみきに慣れている人は少し安っぽく感じてしまうかもしれません。
でもつみきを崩した際、軽いので当たってもケガをしにくいというメリットがあります。

デメリット③同じサイズが少ない

セット内容を見ると、同じサイズのつみきが少ないです。
高く積み上げるときに同じ種類のつみきを使おうと思うと少なく感じます。
我が家の1歳3か月の息子はまだいろんな種類のつみきを使い分けることができないので苦戦しています(笑)それでもじっと考えて三角のつみきを横にしてうまく積めたときは大喜びです。
お子さんが積み方に困っていたらそっとお手伝いをしてあげてくださいね。

お米のつみきで遊んでみました!

お米のつみきデビューはこのパーツから

とっても握りやすい輪と音のなるアレイ。0か月~5か月の赤ちゃんはまずこのつみきで慣れていきましょう!
黄色の輪は小さい手でも握りやすいように細めにできています。なめたり噛んだりしてるうちに唾液がたくさん出るようになってきますよ。
ピンクとみどりのアレイは振ると音が鳴ります。ピンクのアレイにはお米が入っているのでシャラシャラという優しい音が鳴ります。みどりのアレイには玉が入っているのでカラカラという大きな音が鳴ります。
我が家は息子が6か月のころにつみきを貰ったので、初めから両手にアレイを持って一生懸命振っていました(笑)

型はめにハマる

真ん中が空洞になっている四角いつみきには正方形のつみきがぴったりはまります。
それに気が付くと夢中になってずーっと型はめをしています(笑)
最初のころは正方形のつみきを取り出すのは難しいので、画像のように長方形のつみきを入れるのもおすすめです。こうすると型から抜き取るのが簡単で、自分一人でできるという喜びに繋がります。

動物や生き物を作ってみる

たまたま出来上がった不思議な生き物や、子供の頭の中にある動物を表現してくれるようになります。
お米のつみきは三角や丸も多く、顔になったりしっぽになったり自由自在です。
赤ちゃんのころカラカラ振っていたアレイも、動物の足になります。

お米のつみきの口コミと評判

(30代・子供0歳3か月)
泣いてグズる息子にアレイを振って音を聞かせたら興味を持って泣き止んだ。

(30代・子供1歳8か月)
つみきを本格的に使う頃にはなめることも減るので原料のお米にこだわる必要がなくなる。お米のつみきを買うならなるべく早く赤ちゃんのころが良いと感じた。

(20代・子供0歳9か月)
口に入れても安心な商品を聞かれるとお米のつみきが一番に思いつく。角が丸くて軽いし手触りが優しいから安心しておすすめできる。

お米のつみきQ&A

対象年齢は?

お米のつみきは0か月から使用できます。つまり産まれてすぐから使えるということです。始めはアレイの音を聞かせたり、つみき同士を打ち合わせた音などを聞かせてあげてくださいね。

汚れてしまったら?

赤ちゃんがたくさんなめたあとは水を固く絞ったタオルでつみきを拭いてあげましょう。木ではないので濡れ拭きしても大丈夫です。
その後はしっかり乾燥させます。ドライヤーでの乾燥はできないので自然乾燥させましょう。しっかりと乾燥させないとカビや臭いの原因になるので注意が必要です。
なお、煮沸・熱湯・電子レンジ・ウェットティッシュなどによる消毒はできません。

カビは生える?

使用して1年ほど経ちますがカビは生えていません。
汚れた場合はすぐに手入れをするよう心掛けていれば大丈夫です。

お米シリーズは他にもたくさん!

お米のつみきには
・白米色
・いろどり
・限定生産 縁起色
があります。今回紹介したのはいろどりです。

さらにお米のおもちゃというシリーズもあり、
・歯がため
・歯がためネックレス
・ラッパ
・マラカス
・なめかみ
・車セット
などなど可愛くて安心なおもちゃがたくさん!

お米のつみきはこんな人におすすめ

今回、お米のつみきについて詳しく紹介してきましたが、
・原料がお米なので口に入れても安心
・角が丸くて軽い
・音のなるアレイや輪など積む以外に楽しめる
といった特徴を挙げてきました。
まだつみきで遊ぶ月齢ではないけど触れたり握ったりさせたいと思っている、安心なおもちゃが欲しい、長く使えるつみきが欲しいと考えている人におすすめです。
一方で、子供がすでに木製つみきで遊べている人はお米のつみきを追加で買い足す必要はないと思います。

贈り物としても喜ばれること間違いなしですよ!ぜひ遊んでみてくださいね。

Instagramはじめました♡

積み木、クーゲルバーン、木製レールなど木のおもちゃや知育玩具に関する投稿をしています。
良かったらフォローしてください(*´꒳`*)
コメントくれたらフォロバします!
木のおもちゃ好きな人〜!お友達になってください^^

Instagramアカウントはこちら